bunbougu_keshigomu


1: スタス ★ 2020/01/31(金) 21:48:47.32 ID:ZjG4JU/P9
なぜ「MONO」消しゴムは50年以上も愛され続けてきたのか――デザインの変遷で見るモノ・ヒストリー

GetNavi編集部
文房具
最高峰の鉛筆「モノ100」の書く・消すを実感させるアクセサリーとして誕生し、2019年で50周年を迎えたトンボ鉛筆の「モノ消しゴム」。そのスリーブデザインの変遷を中心に、モノ消しゴムと「MONOブランド」両方の歴史を見ていきましょう。


モノ消しゴムの現行ラインナップを紹介した記事はこちら

あのストライプで商標も取得済! 国民的消しゴム「MONO」現行ラインナップ一挙見せ



【1969年】モノカラーの誕生


↑「小さな消しゴムでも店頭で目立てるようにしたい」、「長方形の形を生かしたい」との想いから三色旗をイメージ。青・白・黒は男女共に使える色として選ばれました


【1980年代】現在のデザインの基礎が完成


↑色・デザインともに現在までのベースとなっているのが、1980年に発売された2代目。トンボ印が下向きなのは、兜や鎧などに彫り込まれたトンボの伝統的な図柄に由来します


【1990年代】ロゴを刷新し商品ジャンルも拡大

https://getnavi.jp/stationery/445226/

2: 名無しさん@1周年 2020/01/31(金) 21:49:20.50 ID:a0cWasNY0
佐藤です

3: 名無しさん@1周年 2020/01/31(金) 21:49:25.16 ID:KHGVRX2G0
もう言わなくてもわかりますよね

>>2>>3でスレの役割果たしたな

>>2>>3 でいきなり答が

>>2からたった5秒後に>>3が書かれてる恐怖

>>3
うん、分かる。そして満足した

>>3
これを見に来たw

元スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1580474927/